薬の副作用による薄毛は怖いものです

薬の副作用による薄毛は怖いものです

私は今でこそ普通の髪に戻りましたが、以前大病をして入院した時に薬の副作用で薄毛になったことがありました。

 

しかしその薬を飲まないと治療は出来ないため、病気が良くなるまでは飲み続けなければいけません。髪を洗うと信じられないくらいに毛が抜けて、とても一回で抜ける量とは思えないほどでした。

 

当時はこのまま髪が全部抜けてしまうのではないかと恐怖に襲われたことが何度もあります。幸い私の病状が退院後少しずつ良くなったため、数ヶ月かけてだんだん抜け毛が減っていきました。

 

おかげで美容院に行った時に「短い毛がいっぱいありますね」と言われたのも良い思い出です。その短い毛は、抜けまくった後に新たに生えてきた大切な新しい髪の毛です。

 

最初は髪の長さが不揃いで髪型が上手く決まりませんでしたが、またちゃんと生えてくれたことに当時は安堵したものです。

 

女性にとって髪がどんどん抜けてしまうのは恐怖そのものです。

 

当時はまだ若かったので、ショックは本当に大きかったです。他にも沢山薬の副作用で薄毛や抜け毛に悩まされている方は多いと思います。

 

しかし病気さえ治ればちゃんと髪は生えてきます。

 

そういう女性の皆さんには心から病気が治るよう応援したいです。昔から髪は女の命と言いますが、この件があって髪の毛の大切さを再確認した私です。